『お金の秘密手帳』

将来への不安が一切なくなるお金儲けのとんでもない秘密のルール

秘密のルールは全部で8個あります。
特に気合いを入れて読む必要はありません。

「知る」だけでビジネスはおろか、人生までもが好転しますので、
肩の力を抜いて、リラックスしながら読んでください。

このルールの1つを使っただけでも
ビジネスは恐ろしく伸びていきますが、
全部を使った方が伸び率は目覚ましいです。

いきなりすべてを使える人は、今からでもすぐに使ってください。
1ヶ月後にはまったく違う次元にいると思います。

ですが無理をせず、
自分ができそうなものから取り入れていくというのもありです。

まずはじっくりと真剣に読んでみて、
できそうなものから取り入れてみてください。

ルール1:決して背伸びをしてビジネスをスタートをしない(お金は極限まで使わない)

ビジネスをスタートするにあたって、無理は絶対に避けてください。
要はお金は極限まで使わないでください。

借金をしてスタートというのは、もはや論外です。
(現在、借金があるという場合は、まずはこれ以上増やさないでください)

「人生を賭けて!」とかそういうのはいらないです。
そう簡単に人生を賭けないでください。

お金は極力かけずにビジネスをスタートする、当たり前のようですが、
実はこれがビジネスで成功を納めるために一番必要なことです。


ここには明確な理由があります。

現在、私は33社の会社を経営させて頂いている関係上、
様々なビジネスを多方面から見ることができます。

つまり、通常の経営者よりも33倍のスピードでビジネスを見て、
経験しているということです。

そこで解ったことがあります。

それは「下手な鉄砲、数打ちゃ当たる」って事です。

10回やって1回ビジネスが当たるのであれば、とっとと10回やっちゃえばいい。
ほんと簡単な話です。

ここまで数多くのビジネスを経験して解った事があるのですが、
それは、ビジネスで成功を納める為には、
ビジネスの質を上げれば良いんだという事です。

ビジネスの質が高い = 成功への距離が近くなる

こういう式です。


ではビジネスの質を上げる為にはどうすればいいでしょうか。
答えはシンプルすぎるほど簡単です。

ビジネスの量を経験すればいいだけです。
つまりはビジネスの量が質に変換するという事です。

「量は質の母なり」です。


そう考えると、
現在の私の状況はまさにビジネスの質を高める最適な状況であり、
恐ろしいスピードでビジネスの質が上がってきていると言えます。

33社が同時に動いているわけですから、
必然的に質が高まるのは当たり前の話ですね。

10年前の私と今の私を比べると、
おそらく幼稚園児と大学生くらいの差は確実にあります。

だからとにかく、ビジネスの量を経験した人が勝ちなんです。


「量を経験するというのは十分解ったよ。
でも、お金も無いのにどうやって経験するんだよ!」

と、思いますでしょうか?

私の経営する33社の会社の中には、化粧品を売っている会社があります。

現在この会社を運営するメンバーは、
36歳の社長と、40代の女性社員と、40代のパートさんの3名です。

体臭を抑える化粧品をネットだけで販売していますが、
毎月3000万円以上の利益が出ています。

桁を間違えているわけではありません。
毎月3千万円以上の利益です。
つまり彼はすでに年収1億円を楽に超えています。

「おいおい!そんな雲の上の話をするんじゃないよ」

と、思うかもしれませんが、
彼は去年まで間借りしてた事務所に寝袋で寝ながら生活していました。
元々ハウスメーカーでサラリーマンをしていた建築屋さんです。

そんな彼が何故今の成功を手に入れることができたのか。

それはここまで散々言ってきたように、
お金をほとんどかけずにビジネスをスタートしたからなのです。


世の中、お金をかけずにビジネスを
スタートしようと思えばいくらでもできるのです。

特に昨今ではネットという便利なものがありますので、
ほとんどお金をかけずにビジネスをスタートできるのです。

例えばこれから彼と同じように通信販売で
化粧品を売ろうと思った人がいたとしますよね。
化粧品を売るわけですから仕入れが必ず発生します。

この時点で通常の考えであれば、
「そんな仕入れるお金なんて無いからできないよ」
となるのが普通です。

だから普通の人の選択肢としては、

1.仕入れるお金が無いから諦める  2.人生を掛けた大勝負に出て、思い切って大量に仕入れてみる

の、どちらかを選ぶわけです。

そして思い切って仕入れた人は、在庫だけが大量に余り、
借金だけを残してビジネスの世界から撤退していくのです。


しかし、この「お金は極限まで使わない」というルールさえ守っていれば、
彼のような結果を得ることは実は至って簡単なのです。

例えば今回のカラクリで言えば、
彼の会社の商品ですが、最初から仕入れている訳ではありません。
実は仕入れゼロでスタートしているのです。

「仕入れゼロでスタートなんて不可能だろ」

と、思うかもしれませんが、
このような芸当は至って簡単に出来ちゃうものです。


どうやってやったのか。

通常の場合、

仕入れる ⇒ 販売サイトを作る ⇒ 売ってみる

という流れですが、私達の場合は、

販売サイトを作る ⇒ 売れるか試してみる ⇒ 売れた場合だけ仕入れる

という流れなのです。

つまり、商品を仕入れる前にテスト的に販売してみるのです。
で、売れたら仕入れる、売れなかったら止める、小学生でも解る理屈です。

「商品も無いのに売ってもいいの?」

と、思うかもしれませんが、この固定概念を外すというのも、
ビジネスで成功する為にはとても重要なことです。

商品が無い状態でテスト販売するには、どうしたらいいだろう?

こういう風にただ考えればいいのです。

例えば代金引換だけで販売してみてはどうでしょう?
お客様に商品が届かない限りはお客様からお金は頂いていませんので、
クレームにはなりません。

そして、たくさん売れる事が解ったら実際に仕入れて、お客様へ代金引換で送る。
売れなかったら、商品の販売が終了した事をメールで連絡する。

ただこれだけです。

10個商品を試して1個が当たるのであれば、
10個テスト販売してみればいいだけです。

そこには一切仕入れは発生していませんので、
永遠と当たるまでテストを繰り返す事が可能なのです。

要は勝てる勝負しかしなくていいのです。


この『初期費用を限りなくゼロにする』

これは一昔前でしたら本当に難しい時代でした。
何かビジネスをやろうと思った際には、
ほとんどのビジネスで多額の資金が必要でした。

でも時代が大きく変わったのです。

そうです。「ネット」の時代となったのです。

このネットの時代が到来したことにより、
初期費用を限りなくゼロにすることができるようになりました。

なんて最高の時代でしょうか。
この時代を使わずして、いつ起業するのか?
私はこれを声を大にして言いたいくらいです。

10回ビジネスを立ち上げる意気込みでビジネスを立ち上げる。
1回のビジネスの費用を限りなくゼロにする。
これが出来れば誰だって成功を手にできるんです。

ルール2:捨てる勇気を持つ(捨てれば捨てるほどお金はザクザク入ってくる)

本当に稼いでいる人達というものは、
本当にシンプルにビジネスをやっています。

一章でお話したてんごくさんとの会話でも
気づいたかもしれませんが、
てんごくさんはこれまで築き上げてきた
間違ったビジネスを勇気を出して全て捨てました。

どれだけ時間をかけてこようが、
どれだけお金をかけてこようが、
そんなのは関係ありません。

要らないものは要らないんです。
だから全てを捨てました。

その結果、3ヵ月後に1000万円以上のお金を
副業だけで手に入れることができました。

人というものは、
この捨てるという事が中々出来ないものです。


例えばパチンコをやった事がある方なんかは
ドキッとしてしまうかもしれません。

朝から並んで座った台にすでに10万円をつぎ込んでしまった。
でも、もう少しで出るかもしれない。

この最後のお金は使っちゃいけないお金だけど、
でもここまでつぎ込んだんだから、出るまで絶対に止めないぞ!
なんとかつぎ込んだお金だけでも取り戻すんだ!

この方は完全なる破滅パターンです。

結局、最後まで出ることなく終わるのがオチです。
出ないものは出ないんです。

ビジネスも同じ。

いくら時間やお金をつぎ込んだってダメなものはダメなんです。

「いやいや努力したら絶対に神は見捨てやしない!」
なんて考えてもダメです。

ダメなものはダメ。
そんなものは今すぐ捨ててください。


2000万円の資金を投入して店舗を作り、
毎日寝ずに働き、何とか月に3万円の利益が出た。

かたや1円もお金を使わず、
ブログとメルマガで1日1時間楽しみながら努力をして、
月に3万円の利益が出た。

この2つの3万円、価値に違いはあるでしょうか?

違いはまったくありません。

3万円は3万円。
まったく同じ価値の3万円です。


ちなみにこの2000万円の投資をして
店舗を作ってしまったのは、24歳の頃の起業した私の事です。

当時は3万円の利益すら出ませんでした。
利益どころか毎月100万円近くの赤字だったんです。

ですが2000万円も投資してしまったので、
努力をすればなんとかなるはずと信じ、必死に頑張りました。

結果、ただの一度も黒字になることなく、
半年で店は閉店してしまいました。

結局ダメなものはダメだったんです。
当時の私に本当に教えてやりたいです。

だからもしあなたも今、何かに執着していて、
それが大きくあなたの邪魔をしているのであれば、
それを捨てる勇気を持ってください。

ルール3:ターゲットを極限の極限の極限まで絞り込む(究極はたった一人のお客様まで絞り込む)

てんごくさんは当初、「ネットビジネスで稼ぎたい人」という
とてもざっくりとしたターゲット層でビジネスをスタートしました。

「ネットビジネスで稼ぎたい人」

あなたはすぐにどういうお客様か、想像がつくでしょうか?

サラリーマンをやりながら副業で稼ぎたいお父さん、
すでに起業していてビジネスを拡大したいと思ってる経営者、
子育てをしながら月に3万円くらい稼ぎたいと思ってる主婦、

ほんとネットで稼ぎたいというターゲットなんて様々です。

すでに10人くらい社員がいて年商が2億円くらいあり、
来年度4億円にしたいと計画している社長に対し、
毎月3万円をネットで稼ぐ方法を教えたところで、
この社長は飛びついてくるでしょうか?

双子の子育てを頑張っている24歳の主婦に、
年商10億円の事業ノウハウを教えたところで、
この主婦は飛びついてくるでしょうか?

飛びつくどころか1秒もかからず、目の前から去っていくはずです。
つまり、ターゲットは絞れば絞るほど、お客様はより反応してくれるのです。

究極を言えば、
目の前に自分のイメージをしたお客様をたった一人だけ立たせて、
そのお客様だけに向けて商品を販売していく

こんなイメージです。


てんごくさんは、まずはこのターゲットの絞り込みを徹底的にやりました。

目の前にそのお客様が立っているのが
明確にイメージできるくらいまで、徹底的にやりました。

その結果が、

メルマガ読者数300人 ⇒ 売り上げ1120万円

という事なのです。

決してお客様が多ければ多い程、良いというものではないのです。

自分のイメージしたお客様「だけ」をいかに集めるか、
ここに集中しただけで、ビジネスは面白いように上手く行ってしまうのです。

ルール4:“商品を手に入れた未来(結果)”だけがお金になる(お客様は商品自体は欲しくないのです)

ちょっと難しい話に聞こえるかもしれませんが、
難しくもなんともない話ですので、気軽に読んでください。

「ジャパネットたかた」さんって知ってますよね?

テレビ通販でお馴染みの、
声がかん高いおじさんの社長さんが
ビデオカメラとかを売っている会社です。

ジャパネットさんの年商は今や1000億を楽に超えてます。
ビデオとかエアコンとかを紹介して、年間1000億円以上売ってるわけです。


何故そこまで売れるのでしょうか?

売っている商品はヤマダ電機さん等にも置いてあるんです。
じゃあヤマダ電機さんよりも安いから売れるんでしょうか。

そんなはずありません。

ヤマダ電機さんは年商1兆円規模の
日本一の電気量販店ですから仕入れ値で負けるわけがありません。

じゃあ何故ここまで売れるのか。

それは、ジャパネットさんは商品を売っていないからです。

もっと解りやすくお話しましょう。

ジャパネットさんのテレビ通販を見た事がある場合は
イメージしやすいかもしれませんが、

例えばジャパネットさんがビデオカメラを売る場合、
ビデオカメラの性能などは、ほとんど説明しないんです。

「このビデオカメラを使えば、
運動会でこんなにブレずに可愛い孫の顔が撮れる!」

こんな感じでカメラの性能の説明ではなく、
カメラを使った使用感だけを説明してるんです。

つまり極論を言えば、お客様は可愛い孫の映像さえ撮れれば、
ビデオカメラは必要ないのです。

むしろお金も発生するし、面倒な作業も発生しますから、
ビデオカメラは邪魔以外の何物でもないわけです。


今回のお客様にとっては、

「ビデオカメラは欲しくない」
「可愛い孫の映像が欲しい」

わけです。

だったらこのお客様にはお孫さん撮影サービスの方が
売れるのかもしれません。

オーケーですか?

お客様は、商品自体はまったく欲しくないのです。

「こんなに良い商品なのに何故売れないんだ?」
「一回使ってくれたら良さがわかるのに・・・」

こんな言葉、聞いたことありませんか?

いやいや、あなたの商品の説明をしたって、
誰も聞いてはくれませんよ。
そもそも一回使ってくれたらって、
使ってもらうまでが一番難しいわけですから。

ここを勘違いしている人が本当に多いです。

“誰に対して”“どのような結果”を売るのか。
ここに集中するだけでも、
ビジネスは本当に面白いように回りはじめます。


ちなみに、ジャパネットさんはルール3も徹底的にやってますね。

テレビ通販を見ているお客様は、
ほとんどが年金生活のおじいちゃんおばあちゃん、
または主婦の方が多いはずです。

ジャパネットさんは、完全に年金生活の
おじいちゃん、おばあちゃんをターゲティングしています。

秋葉原で買い物をするような、
カメラマニアの方々は一切お客様から外しているんです。

ターゲットを絞る、そしてそのターゲットに対して、
どのような未来(結果)を見せる
か、
これがビジネスをする上でとっても重要になってきます。

ルール5:商品作り、それはお客様の「未来」作り(お客様の未来を知っているのはお客様だけです)

「私には売るものなんて何もないですよ」
「何を売ったら儲かるんだ?そんなアイデア出てこないよ」

おそらく、あなたもこのような悩みをお持ちではないでしょうか?

その気持ちは本当によくわかります。
起業したての頃の私も全く同じことを思っていました。

爆発的に儲かってる商品を持っている方達を羨ましくもありました。

ですが、考え方を180度変えた瞬間に、
アイデアが湯水の如く降ってくるようになりました。

それは、

「どんな天才であってもまったくのゼロから何かを生み出してはいない」

と、解ったことです。

つまり、世の中のどんな天才達であっても、
いきなり商品のアイデアが天から降ってくることは
ありえないということです。


それじゃあどこからそのアイデアは降ってくるのか。
その答えはとっても簡単です。それは「お客様」です。

お客様がお金を支払ってくれてビジネスが成立するわけですから、
そのお客様が何を望んでいるのかは、お客様から直接聞けばいいだけなんです。

お客様が困っているもの = お金を出してでも解決したい
お客様が欲しているもの = お金を出してでも解決したい

わけですから、困っているもの、欲しているものを、
直接聞けば、それがお金に変わるということです。


呆れるくらいシンプルな話だと思います。
先ほどのルール4でも軽く触れた話です。

ルール4でビデオカメラを販売している
ジャパネットさんのお話をさせて頂きましたが、

お客様はビデオカメラが欲しいのではなく、
ビデオカメラで可愛い孫の映像を残したいという欲に対して
お金を支払っている
という事がわかりましたよね?

つまり商品を考える上で何をすればいいのかと言えば、
親戚のおじいちゃんの所に行って、
おじいちゃんの欲求や困っている事を聞き出せばいいだけの話です。

先ほどのように孫の映像が欲しいというものであれば、
ビデオ撮影サービスが売れるだろうし、

孫の写真を綺麗に撮りたいという欲があるのであれば、
カメラ撮影教室もありだと思います。

普段、孫に会えないから寂しいし、
運動不足で困ってるという事であれば、
ペット貸出しサービスもいけるかもしれません。

おじいちゃんから困ってる事や欲しているものを
1時間くらい聞いてメモしただけで、
恐ろしいくらいの量の商品アイデアが出ると思います。


そして後は、仕入れもせずにひたすらテスト販売です。
そこで上手く行ったアイデアだけを残し、仕入れをしていけばいいだけです。

もうお気づきだと思いますが、
この時点で、ルールの全てを活用しています。

ターゲットは年金生活で暇を持て余している
おじいちゃんですので、極限まで絞ってます。

そしてそのおじいちゃんから欲している未来を聞き、
ひたすらテスト販売を繰り返して、上手く行ったものだけビジネスにする。

これ以上、シンプルな話は無いと思います。

ルール6:集客ボックスと収益ボックスを分けて考える(分けた瞬間、収入は100倍以上に化ける)

そして、ここのルールが収益を最大まで持っていく
ためにはとても重要なポイントとなります。

つまり、ここがお金儲けにポンポイントに繋がる
とっても大切な部分という事です。

「集客ボックス」「収益ボックス」

聞きなれない言葉ですよね。
まあ聞きなれないのも当たり前で、私が作った言葉です。


まず始めに質問です。

ビジネスで一番難しいと言われる箇所は一体どこでしょうか。

商品作り、集客、フォローなどなど色々ある中、
一番難しいと言われているのは一体どこでしょう?

答えは「集客」です。
つまり、新規でお客様を集めるのがビジネスで一番難しいのです。


よく、博士的な発明家はこう言います。

「こんなに良い商品なのに、何で誰も使ってくれないんだ。
使ってくれたらこの商品の良さを解ってくれるのに・・・」

いやいや、いやいや、
ビジネスは使ってくれるのが一番難しいわけですから。

こういう博士的な考えをしている経営者は驚くほど多いです。

この問題を一瞬で解決してくれるのが、
この「集客ボックス」「収益ボックス」という考え方です。


紙を用意して頂いてもいいですか?

その紙に、箱の絵を2つ、横並びで書いてください。
そして左側の箱に集客ボックス、右側の箱に収益ボックスと
書いてみてください。

こんな感じで。

ここにあなたの商品を入れていくのですが、
集客ボックスに入れる商品は、集客の事しか考えない商品を入れます。

つまり、この箱に入れた商品で「利益」を出してはいけません。
儲かってはいけないのです。むしろ赤字でもいいです。
とにかく、ここの商品でお客様を集める事だけに集中します。

そして、右側の収益ボックスには、儲けを生む商品を入れていきます。

ただし、この収益ボックスに入れる商品には、一つだけ条件があるのです。
それは、集客ボックスで集まったお客様が、
「未来」を感じる商品だけを入れていきます。ルール5の考えですね。


解りやすく事例を挙げていきましょう。

例えば「占い師」という商売をあなたが考えたとしましょう。
占い師の商売は占いをすることです。

あなたはこの占い師ビジネスをする時、どのように考えるでしょうか?

「一人の鑑定費用を1万円にしよう。
一人5000円は利益を出したいから、広告費は5000円以内で抑えよう」

こう考えるのではないでしょうか?
この考えですと、ほぼほぼが失敗していきます。

5000円以内で無名の占い師が
集客するというのは中々に難しいからです。

さらに言えば、例えばこれが万が一上手くいったとしましょう。
この万が一の確率は私の経験上、1000分の1くらいの低い確率ですが・・・
まあOKです。上手くいったとしましょう。

一人のお客様を鑑定して5000円の利益です。
一人2時間を見るとして一日5人が限界ではないでしょうか。

一日の利益は2万5000円です。
月に20日間頑張ったとして月50万円の利益です。

一年間精一杯働いたとして、年収600万円です。
一年間年中無休で働いたとしても、年収912万円です。

年収1000万円に何とか到達するかどうかですが、
こんな休みも無く仕事だけの人生は、私は絶対に嫌です。

そもそもが5000円で集客すらできませんので、
収益すらあがらないのが実情ですが。


じゃあどうすればいいのか。

「集客ボックス」「収益ボックス」

この考え方です。

では占い師ビジネスをこの考え方で、やってみましょう。

ここは思い切って、占い師を集客ボックスへ入れてしまいます。
つまり、占い鑑定で利益を出してはいけないという事です。

次に収益ボックスに入れる商品を考えてみましょう。
お客様の未来を考えてみるんです。


まずはターゲットをよーく考えてみましょう。

占い鑑定に来るお客様はどういう方でしょうか?

おそらく、30代、40代の
スピリチュアル好きの女性が多いのではないでしょうか。

ではスピリチュアル好きの30代、40代の女性は、
どんな未来を求めているでしょうか?

「占いに来る」という行為は、
「幸せになりたい」という気持ちの現れです。

つまり、今に不安を持ち、未来に幸せを求めて
占い鑑定に来ているわけです。

こういうお客様へは、そのお客様に合った
パワースポットをお薦めしてもいいですよね。

「鑑定結果であなたはこの国のパワースポットが
とても相性が合うことが解りました。
ここへ行けばとてもかなりの強運に恵まれますよ」

こう言われたら、このパワースポットへ
行ってみたくなりますよね。


でもここでビジネスの事を考えます。

パワースポットを紹介しただけではビジネスにならない。
どうやったらそこからビジネスに繋げる事ができるか。

「パワースポットツアー」
というものを作ってもいいかもしれませんが、
それですと、中々売るのも大変そうです。

特にパワースポットの場所が
ブラジルとかになってしまったお客様がいたら、
なかなかそのツアーを組むだけでも一苦労しそうです。


例えばこういうのはどうでしょう。

あなたの相性抜群のパワースポットで取れた
原石から作られたパワーストーンをオーダーメイドで作成します。

これですと、とっても売れそうです。

さらにいいのが、この「オーダーメイド」という言葉。

これはルール1と、とっても相性がいいんです。

オーダーメイドという事は、
受注発注ができる、つまりは先行で仕入れる必要が無いんです。

さらに言えば、このオーダーメイドという言葉には、
「先に半分のお金をもらってもいい」という
何故かこの面白い仕組みが成り立ってしまう
んです。

要は、

1.お客様から注文を受ける。
2.お客様から前金で半分のお金を貰う。
3.そこから発注をかける。
4.お客様から半金を貰ってるので、そこからパワーストーンの原価を支払う。
5.パワーストーンが届いたら、お客様へお渡しする。
6.残りの半金を貰う。

という仕組みが作れるため、
自分自身では手出しのお金はゼロでいけちゃうんです。

ある意味、奇跡のビジネスモデルです。

このパワーストーンは行けそうですね。
それではこのパワーストーンを収益ボックスへ入れましょう。


では再度見直していきます。

集客ボックスへは占い鑑定を入れました。
価格は1万円です。

収益ボックスへはパワーストーンを入れました。
価格はそれぞれだと思いますが、平均5万円くらいにしましょうか。

集客ボックスから収益ボックスへお客様を移動させるわけですから、
要は占いに来た人にパワーストーンを売ればいいのです。

例えば、3人に1人がパワーストーンを買ったとしましょう。

3人の占い料金:1万円×3人=3万円の売り上げ
その内1人がパワーストーンを購入:5万円の売り上げ

つまり、
3人のお客様を集める事で、8万円の売り上げが発生する計算になります。


「凄い!3倍くらい売り上げが増えた!」

なんて興奮するのはまだ早いです。

よく考えてください。
集客ボックスの商品では、必ず広告費が発生してしまいますが、
収益ボックスの商品には、広告費は発生しますか?

しませんよね!

そうです。ゼロ円です。
つまり、原価を引いた残りのお金は、全て利益になってしまうんです。

利益は3倍どころじゃすまなくなるんです。

これが集客ボックス、収益ボックスの威力です。
これをビジネスに取り入れた瞬間に、恐ろしいほど利益が残っていくのです。

ルール7:お客様とあなたの情報の差にお金が生まれる(住む世界を変えた瞬間にあなたは天才になれる)

ここまで読んで頂いただけでも、
実はあなたの知識は周りを圧倒できるレベルにあります。

私は難しい話は一つもしていませんので、
ほんと知っているか知らないか、これくらいの話ですから、
そこまで実感は無いかもしれませんが、

私はこのシンプルなルールをただ純粋に実行しているだけで、
現在33社を運営し、年収は1億円を超えているのです。


ちなみに私は今回、てんごくさんから30万円を頂きました。

先ほどの会話を含めて、約1時間、
雑談にも近い会話をてんごくさんとして
30万円を私は頂きました。

つまり時給30万円という事です。

この金額、多いでしょうか、少ないでしょうか?

私の本音を言わせて頂ければ正直「少ない」です。

てんごくさんとの契約の仕方によっては、
私は784万円を頂いてもよかったのです。

1時間の会話で784万円の収入です。


この金額をあなたは異常だと思いますか?

いいえ、これらは全てアイデア料なのです。

私のアイデアが無ければ、てんごくさんは生涯副業で
1円も稼げなかったかもしれません。

しかし、私のアイデアを導入する事によって、
3ヶ月目に1120万円を手にすることができたんです。

アイデアが無ければゼロ円、
アイデアを手に入れたから1120万円
ということです。

そこでアイデア料として、
事前に30万円を頂くという事ではなく、
成果報酬契約にすることも可能なのです。

成果報酬料金として利益の70%をください。

こういう契約も出来るのです。
70%が多いのであれば、きれいに50%でもいいでしょう。
「お互いきれいに折半でいきましょう!」
これだとあなたも抵抗なく言えるかもしれませんね。

それでも今回の場合は3ヶ月目に560万円を頂けるんです。


そうです。

自分のビジネスの知識が、
相手のビジネスの知識よりも上回れば、
その差は全てお金に変わるのです。

それもその差は5倍とか10倍とかは全然要らないです。
脚立1個分くらい上回っていれば十分なのです。

脚立1個分の知識の差で時給500万円です。

肉体労働でお金を稼ごうと思っても必ず限界はきます。
しかし頭でお金を稼ごうと思った瞬間に、
上限は無くなり、収入は青天井になるのです。

私は3日間だけ働いて1億5000万円の利益
会社にもたらしたこともあります。

それだけ「知識」というものは爆発的な収入の力に変わるのです。


試しに、この第三章だけをプリントアウトして、
普段持ち歩いてみてください。

そして周りの誰かからビジネスの相談を受けた時に、
この紙をこっそり見ながらアドバイスしてみてください。

恐らく相手は驚きを隠せず、
あなたに突然ビジネスパートナーとなって欲しいと
依頼してくるかもしれません。

私は決して空想の世界で言ってるわけではありません。

本当に試しに一度やってみてください。
びっくりするくらい、相手は何も知識を持っていませんよ。

相手からしてみたら、
あなたが天才に見えてると思います。

ルール8:成功というものはあくまでも「習慣化」 (成功能をあなたが呼吸をするのと同じように習慣化する)

健全たる劣等感とは、
他者との比較から生まれるものではありません。

少し想像してみてください。

例えばあなたがサラリーマンをやっていたとして、
隣の席に座っている同僚が宝くじで3億円が当たったとしましょう。

あなたの心境はどうでしょう?

恨み、妬み、嫉妬、そんな気持ちで、
はらわたが煮えくりかえりそうになりませんか?


それではその3億円が当たった人間が
地球上のちょうどあなたの真裏に住むブラジルの
ある老夫婦に当たったらどう思うでしょうか?

正直、何にも感じませんよね?

あなたの隣の席に座っている同僚と地球上の真裏に住む老夫婦。
地球上で起こっている現象としては全く同じ事が起きています。

でもあなたの心の感情は全く違うわけです。
これって少しおかしな話だと思いませんか?


そうなんです。

人間という生き物はどういうわけか、
自分から距離が近ければ近い人ほど、恨み、妬み、
嫉妬心が湧き出てしまうもの
なのです。

自分から距離が近い人に、
何か自分よりも「幸運」な事が起きてしまうと、
そこに妬みが発生してしまうのです。

これは健全たる劣等感とは言いません。
あなたの成功を邪魔する病的な劣等感なのです。

こんな劣等感は今すぐ捨ててしまいましょう。


実は成功ってこういう所にあるんだと思います。

何かと言いますと、

実は心の奥底ではこういう事は解っているのに、
普段の何気ない生活からついつい流されてしまう、
そして、それがいつの間にか習慣化してしまう。

という事です。

この習慣化、本当に恐ろしい存在にもなったり、
驚異的な力も発揮できたりと、
どちらにも力を発揮する事ができるものです。


実は私は
成功というものを常に強力な磁石のようなもので
引き寄せる事ができる行いを習慣化しています。
その大きな力の一つは、やはり「考え方」です。

成功する考え方を習慣化する。

これができれば3ヶ月もかからずに、
まったく違う自分に生まれ変わる事ができます。

まずは自分自身のセルフイメージを高めるための習慣化、
これを今日からやってみてください。

言葉に気をつける。
行動に気をつける。
食べ物に気をつける。

ほんと何でもいいです。

とにかくセルフイメージを高める事だったら、
何でもいいので、やってみてください。

3ヵ月後にはほんと自分自身でもびっくりするくらい、
生まれ変わった自分になる事ができますよ!




さて、いかがでしたでしょうか?

ルールを8個お話させて頂きましたが、
難しい話は一つも無かったと思いませんか?

こういうルールを細かく説明していけば、
面白い話がまだまだ山のようにあるのですが、

あまり一度にお話してしまうと、
逆にあなたの頭を混乱させてしまいますので、
まずはこの基本となる8個のルールを
徹底的に頭に入れてみてください。

この8個のルールだけで、
ビジネスは恐ろしいくらい飛躍していきます。

おそらく、このページの内容だけでも
年収が3倍になった、5倍になった、
10倍になったという人は確実に現れると思います。

この8つのルールを教えた方々が、
次々と年収1000万円、1億円となっているので、
間違いないです。


ただし、

後1つだけ、
このルールだけでは足りない何かが存在するんです。

お金持ちと貧乏人を分けてしまう、
「決定的な何か」があと1つだけ存在します。

この何かを知らないがために、
多くの方々はお金を持つことができないのです。